2019年05月10日

大葉とチーズのハムカツ

材料
(2人前)
ロースハム
(スライス) 16枚
スライスチーズ 4枚
大葉 2枚
薄力粉 適量
サラダ油 適量

炭酸水 80ml
強力粉 50g
パン粉
/乾燥・細かいもの 適量
付け合わせ
レタス
(千切り) 2枚
きゅうり
(小口切り) 1/2本
プチトマト 4個

調理
作り方
1
スライスチーズ・大葉はそれぞれ十字に4等分に切る。
2
ハムは両面に薄力粉をふり、2枚重ねる。(8組作る)
3
重ねたハムの上にチーズを1枚分、大葉を1/2枚分のせ、さらに重ねたハムをのせて、端をきちんととめる。(4組作る)
4
ボウルに炭酸水・強力粉を加え混ぜる。
5
BをCの液にくぐらせ、パン粉でコーティングし、180℃に熱した油で、サッと揚げて色付ける。
6
中のチーズがトロッと溶けるまで、約1分寝かせてから、付け合わせの野菜を並べた器に盛り付ける。
posted by アトムペペ at 16:59| 揚げもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

パルミジャーノレジャーノのフラン

パルミジャーノレジャーノを使ったとろりとやさしい洋風茶碗蒸し。
うにを添えておもてなしの一品に。
デロンギ・キッチン デロンギ・キッチン
材料 (150mlの耐熱容器 4個分)
卵3個
■ A
生クリーム 200ml
牛乳100ml
パルミジャーノレジャーノ(すりおろし)大さじ4
塩・こしょう各少々

チキンブイヨン120ml
うに適量
セルフィーユ適量
1
トレイに湯煎用のバットをのせ、その中に耐熱容器を置く。

2
アルミホイルを蓋がわりになるよう、容器の大きさに合わせてカットする。

3
オーブンを予熱する。

4
ボウルに卵を入れ、泡立て器でよく溶きほぐす。A を加えて混ぜたら、耐熱容器に分け入れ、アルミホイルをかぶせる。

5
写真
湯煎用の湯(90℃)を深さ2cm程までバットに注ぎ、170℃の「コンベクション」の下段で30 分焼く。( 熱いので注意)

6
お召し上がりのタイミングでホイルを外し、ブイヨンを注ぎ、うにをのせ、セルフィーユを飾る。

コツ・ポイント
★出来たてのアツアツでも、室温でも、冷やしても美味しいので、お好みでどうぞ。湯煎のお湯は、フランの液体の1/2 の深さまで入れるのがポイントです。
このレシピの生い立ち
やわらかい熱を対流させて、食材を包み込むようにじっくり火を通すコンベクションオーブンで、焼き上げました。
パルミジャーノレジャーノのフラン by デロンギ・キッチン.pdf
パルミジャーノレジャーノ.png
posted by アトムペペ at 16:57| 小鉢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シイタケとミニトマトのチーズ焼き


材料 (2人分)
しいたけ6個
ミニトマト6個
ハーブソルト 適量
サラダ油小さじ2
白ワイン 大さじ1
ピザ用チーズ適量
ドライパセリ適量

1
写真
しいたけは軸をとる。ミニトマトはヘタをとり、横半分に切る。

2
写真
フライパンにサラダ油を入れて、ひだ側を上にしてしいたけを並べる。ミニトマトをのせてハーブソルトをまぶし、弱火にかける。

3
フライパンが温まってきたら、白ワインを入れて蓋をする。2分蒸し焼きにする。

4
写真
蓋をとってチーズをのせる。再び蓋をし、チーズが溶けたら火を止める。器に移してドライパセリをかける。

コツ・ポイント
しいたけの大きさにあわせてミニトマトをチョイスしてください。ハーブソルトがなければ、塩でも大丈夫です。

しいたけとミニトマトのチーズ焼き by あおりはろやん.pdf
posted by アトムペペ at 16:46| 小鉢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする